働き方改革は、雇用形態による待遇格差や多様な働き方の容認、長時間労働の是正などで、誰もが働きやすい環境を作り、生産性を向上させようという目的で法案化されました。 テレワークの導入や労働時間ではなく労働成果を求めるジョブ型の採用が事例として分かりやすいでしょうか。 一方、学習塾の現場で働き方改革を実現するのは難しいという声もよく耳にします。 これは、働き方改革で目に見える成果が長時...