ビットキャンパス

グローバルナビゲーション

塾にホームページ・ウェブサイトが必要な理由とは

現在では業種・業態・企業の規模を問わず、どんな企業もホームページ・ウェブサイトを持っています。 ホームページは、集客・情報発信・採用など企業活動における重要な役割を果たすコンテンツです。 しかし、どのような作りであっても効果は変わらない、あまりホームページ・ウェブサイトにこだわりを持たない企業も少なくありません。 そこで今回は、塾にある程度整備されたホームページ・ウェブサイトが必...

それってセクハラかも?塾内でのハラスメントを防止するために知っておきたいこと

社会問題として声が上がり始めてからどんどん増加するハラスメント。 代表的なものからあまり知られていないものまで、たくさんのハラスメントがあります。 学習塾では関わる「人」が多岐に渡るため、いつ、どこでハラスメントが発生してもおかしくありません。 そこで今回は、ハラスメントを防止するために知っておきたいことについてご紹介します。 ハラスメントのポイントや種類、予防の方法につい...

生徒に忖度する塾と生徒の壁になれる塾

「ゆとり世代」や「さとり世代」と揶揄されるように、時代共に子供たちも変化しています。 塾の指導もそれに合わせて変化しつつありますが、特に指導において、厳しさの与え方はこれまで以上に難しくなっており、経営者と教育者の二つの立場を持つ塾長はその狭間で運営方針についての葛藤を感じているとお聞きします。 そこで、営業マンとして塾を回る筆者が見聞きした中で、正反対の二つのタイプの塾について、事例...

自塾の成績不振を把握する必要性!先手を打つ大切さとは?

成績上昇が塾の使命ではありますが、塾生全員の成績が上がり続ける塾はありません。 どの塾も、成績を上げるために躍起になって対応しますが、成績不振の塾生はテストごとに必ず現れます。 そのため、成績を上げる方法を模索するとともに、成績不振への対応をいかにするかを考えなければなりません。 成績不振者への対応が、他の塾生の成績効果に現れる事例もあるのです。 さらに、成績不振者への対応...

新型コロナ禍における塾の役割とは?教育分野で社会へ貢献する

これまでに例を見ないほどの大混乱を巻き起こしている新型コロナ。 2021年2月末時点でなお、緊急事態宣言の発令や自粛要請など、未だ終息の兆しは見えていません。 そんな中、各業界では様々な変革を遂げ、塾の役割も社会的に大きく変化しています。 そこで今回は、新型コロナ禍における塾の役割についてです。 新型コロナによる学力差、遅れた授業を補う塾の役割の重要さ、コロナにより生まれた...

塾業界の市場規模と未来の展望は?サービス品質の向上が生き残りの鍵

他業種からの参入、新規出店、大手学習塾からの派生に加え、少子化のあおりも受け競争が激化する塾業界。 一見すると供給過多のようにも見える現状ですが、低価格競争にならない点からみても、一概に供給が多すぎるわけではないと言えます。 子供がいる以上、必要な存在であり続ける学習塾。今後のニーズや業界の動きはどのようになるのか、先が読みにくいです。 そこで今回は塾業界の市場規模と未来の展望に...

学習塾の時間割を考える!時間割もIT活用でシステム化を

塾業務の中でも、時間がかかってしまう時間割作成。 授業内容や生徒とのコミュニケーションも大切ですが、時間割もとても大切な業務です。 ともすれば、サクサク作れる時間割ですが、ベストを追求しようとするとかなり時間がかかるもの。 時間割作成が速い講師が優秀で、遅い講師はダメと一概に言えるものではありません。 塾講師の業務は多岐に渡るため、時間割は素早く、こだわって作れなければなら...

塾が取るべきコロナ対策とは?王道の感染予防で信頼を勝ち取る

2019年に発生した新型コロナウイルスの猛威は、2021年2月末日現在でも一向に終息の兆候が見られません。 命に直結する問題であるため、学習塾では経営対策はもちろん、感染予防も行わなければなりません。自塾でクラスターが発生してしまっては、経営どころではないですからね。 そこで今回は、塾が取るべきコロナ対策についてご紹介します。 塾業界の状況や、すぐに始められるや一歩進んだ感染対策...

【働き方改革】って早く帰る事じゃなかったという話。

働き方改革は、雇用形態による待遇格差や多様な働き方の容認、長時間労働の是正などで、誰もが働きやすい環境を作り、生産性を向上させようという目的で法案化されました。 テレワークの導入や労働時間ではなく労働成果を求めるジョブ型の採用が事例として分かりやすいでしょうか。 一方、学習塾の現場で働き方改革を実現するのは難しいという声もよく耳にします。 これは、働き方改革で目に見える成果が長時...

保護者は体験授業でここを見ている!体験を成功させる3つのポイント

春は新規入塾のシーズン。体験授業→春の講習→本科入学は定番の流れですね。 去年は新型コロナウイルスの影響で春の新規入塾に苦労した塾が大半ではないでしょうか。 夏から秋にかけて生徒は戻ってきたとはいえ厳しい状況。この春の新規入塾で取り返したいものです。 とはいえ、毎年頑張ってきてこれ以上出来ることがあるのだろうか。悩ましいです。 筆者も小学5年生と3年生の子どもがいます。 ...
078-341-9880