ビットキャンパス

グローバルナビゲーション

塾が映像学習・授業システムを導入するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「これからの時代、対面授業だけで学習塾を発展させるのは厳しい」

このように感じている塾の経営者の方は、とても多いのではないでしょうか。

たしかに対面授業ならではの魅力があり、これからもなくなることはない授業形式のはずです。

しかし対面授業だけでは、どうしても非効率な点があったり、授業にムラが出てしまうなどのデメリットもあります。

過去とは違い、現在ではインターネットの普及に伴い、比較的取り入れやすい映像学習導入を検討する学習塾が急増しているのをご存知でしょうか。

また映像学習が注目されていることは知っているものの、そのメリットを理解できていない経営者の方もいるでしょう。

この記事では、映像学習についてくわしく知りたい方向けに、映像・授業システム導入のメリットについてやさしく解説をします。

映像学習・授業システムが求められている理由

これまで対面による授業一本で伸びてきた塾はたくさんあります。

しかし今世界中が震撼している、新型コロナウイルスの影響から、行政より塾への自粛要請があったことは記憶に新しいでしょう。

対面授業だけの塾では、対応に追われて歯がゆい思いをしている経営者様も多いのではないでしょうか。

こうした問題を乗り切るために、zoomなどを利用したオンライン授業を急遽採用した塾も多いと聞きます。

またもともと映像授業を採用していた塾では、自宅の端末からでも同じ品質で学習できていたため、影響を最小限に抑えられたそうです。

「新型コロナ後の世界」と言われているように、今後はこうした動画やストリーミング、オンラインを使った授業は当たり前のものとなるでしょう。

それに新型コロナのような世界的なパンデミックが、今後ないとは言い切れません。

そのため、通塾させずに営業を継続する手段が必要です。

そこで今有効だと考えられているのが、時間や場所に制限されることなく、営業を続けられる映像学習や授業システム。

生徒や保護者だけでなく講師たちも、どのような状況でも授業ができ、しかも品質を保てる新しい仕組みを望んでいます。

より時間・場所の自由と効率的な学習スタイルが求められている

インターネットがごく当たり前となった今、学習環境にもオンラインの活用を求める人が多くなりました。

映像学習・授業システムは、そのニーズに応えられます。

「いつでも」「どこでも」学習できるので、生徒それぞれの生活スタイルに合わせた受講が可能です。

たとえば対面授業の場合、塾を休んでしまうとその日の授業を再度受講できません。

しかし映像授業ならば、空いた時間が学習時間とできるため、休むという概念がなくなることに。

これは、生徒にとって大きなメリットではないでしょうか。

今後は、ほかの塾と差別化を図るためにも、時間と場所の制限をなくすべきでしょう。

>>「withコロナ」時代の学習環境

映像学習・授業システムを採用するメリット・効果

映像学習・授業システムを採用すると、どんなメリットや効果が得られるのでしょうか。

メリットを挙げればキリがないほどですが、大きく分けて3つが挙げられます。

場所や時間に拘束されないことや、授業品質の向上、そして倍速再生による効果的な繰り返し学習効果です。

映像学習・授業のメリット①場所や時間を拘束しない

映像学習は、インターネットと映像を見る環境があれば、家でも外出先でもどこからでも学習できます。

対面であれば決められた場所に行かなくてはなりませんが、映像学習は移動する必要がないので、より時間を有効活用できるでしょう。

また生徒は自分の空き時間、自分のペースで学習を進められます。

場所と時間を拘束しないことは、塾の運営にも大きなメリットがあると言えるのではないでしょうか。

対面授業であれば、近所に住んでいて、物理的に通える生徒しか入塾しません。

しかし映像学習であれば、場所という概念はなくなるので、距離に関係なく入塾の案内が可能です。

少子高齢化が叫ばれるように、最近は塾に通う子供が少なくなっているため、商圏を広げることはとても重要でしょう。

映像学習・授業のメリット②授業品質が一定に保てる

対面授業のデメリットとして挙げられるのが、授業品質のばらつきです。

講師のスキルによって内容が変わるだけでなく、その時の体調やコンディションによってもばらつきが出ることは避けられません。

しかし、映像学習は録画したものを教材として使うため、同じ品質の授業を実現可能です。

講師に対する不満もなくなり、授業水準を一定に保てることは、塾にとって大きなPRとなるでしょう。

また映像授業に問題があれば作り直せます。

一度完成した映像はその後も繰り返し利用できるので、生徒たちの声を聞いてアップデートを重ね、より効果的な授業を展開できるでしょう。

さらに、授業品質を一定に保てれば、講師の安定雇用の確保にも繋がります。

講師の安定雇用は、塾運営にとって大きな仕事の一つ。

たとえば人気のある講師が急に退職してしまう、これは塾にとって大きな痛手ですよね。

退職理由には、さまざまなものがありますが、激務に耐えられなかったり、職場環境が問題である場合は少なくありません。

授業負担を減らせられると、退職防止になるだけでなく、万が一実力のある講師が辞めてしまっても、映像授業であれば残すことも可能です。

コストをかけずに人材の確保と安定させ、授業品質の向上・維持が、今後の塾経営を成功させるカギとなります。

映像学習・授業のメリット③倍速再生の繰り返しで効果的に学習できる

映像は繰り返し再生でき、生徒はわからない箇所を何度も再生することで理解を深められます。

逆に理解できている内容は、自分の判断で飛ばせる点も効率的に学習できる理由。

また復習も倍速再生を繰り返せるので、とても効率的です。

生徒は理解できないところを重点的に学び、自然と自分の学習方法を身に付けるでしょう。

自分のペースに合わせた学習環境の実現は、映像学習の大きなメリットです。

こうしたメリットの実現は、集団の対面授業で実現するのはむずかしいのではないでしょうか。

集団塾の場合は、できない人に合わせて授業を進めるため、できる生徒にとって不完全燃焼になってしまうことが多いです。

その点、映像学習の場合は、理解できていない生徒ができる生徒に気を遣わず、わからない内容を繰り返し自主的に学べます。

そのため映像学習であれば、同じ内容でも再生の使い方によって、理解度の違う生徒たちをそれぞれに満足させられるでしょう。

映像学習・授業システムを採用するデメリット

映像学習・授業システムには、たくさんのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

とても魅力的なスタイル・システムではありますが、デメリットも理解したうえで検討する必要があるのです。

メリットとデメリットの両方を理解したうえで、採用を検討したいものですよね。

映像学習・授業のデメリット①自由が故に生徒が勉強をしなくなる

「家だと勉強をしないから子供を塾に通わせる」という保護者も多いです。

しかし、映像授業はどうでしょうか。

勉強をするのもしないのも本人の自由なので、実際に勉強しているのかはわかりません。

わざわざ監視するために子供を見張れる保護者は少ないでしょう。

そのため、生徒をやる気にさせる仕組みが必要であり、考えられる仕組みが定期テストの実施です。

生徒ごとに学習状況を把握し、テストの点数が良くないのであればヒアリングを実施します。

また生徒同士で競わせることで、競争意識を生み出せるでしょう。

これは映像学習だけでは実現できないため、仕組みを考える必要があります。

映像学習・授業のデメリット②視聴中に眠くなるなど集中力を欠きやすい

周りに誰もいない環境で動画を見ながら勉強するため、眠くなってしまう生徒がいるケースも考えられます。

対面であればその場で講師が、生徒に注意できますよね。

しかし動画視聴では、眠っている生徒を起こせません。

ではどのように生徒を飽きさせず、映像学習してもらえるのでしょうか。

対策の一つは、映像授業後にチェックテストを設けることです。

アウトプットさせる緊張感を生徒に持たせて、映像授業に集中させます。

毎回確認テストがあるので、しっかり勉強をする子供も多いです。

そのほかにも、学習空間を設けるなども重要です。

塾でも映像学習を行える仕組みを構築して、他の人を意識しながら勉強でき、集中力を維持できるでしょう。

映像学習・授業のデメリット③質問ができないなどコミュケーションが減る

対面授業のメリットには、その場や授業後にわからない箇所を質問できる点が挙げられます。

しかし映像学習は一方的な授業となってしまうので、その場で質問や勉強の取り組み方、置かれている状況に対してアドバイスを受けられません。

対面であればどこでつまずいているのか、講師は生徒に詳しく聞けます。

また講師は、それぞれの生徒のレベルに合わせて教えられるでしょう。

保護者は子供の成績アップを求めて学習塾に通わせますが、講師とのコミュニケーションを求めることを忘れてはなりません。

学習塾は、子供たちが家庭や学校以外で触れ合うコミュニティとしての役割も期待しています。

コミュニケーションできない点を不安視される場合もあるので、定期的な面談を設けるといいでしょう。

>>塾に寄せられるクレームの原因と対応方法とは?クレームから学ぶ

塾の運営に映像学習・授業システムを効果的に活かそう

映像学習は場所と時間を選びません。

生徒は「いつでも」「どこでも」学習環境を準備された状態です。

そのため、生徒たちは自分のペースで学習でき、わからないところは何度も繰り返して映像を見るでしょう。

リモートによる学習環境を準備する塾は確実に増えています。

この機会に映像学習・授業システムを効果的に使い、塾運営をさらに活発にする検討をされてはいかがでしょうか。

 

>>塾がタブレット学習を取り入れる意義は?メリットとデメリットを解説

 

 

\ウェビナーを無料で受けてみよう/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
078-341-9880