ビットキャンパス

グローバルナビゲーション

塾の生徒が集まらない理由は?効果のある生徒の集め方・増やし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日々、生徒に一生懸命授業をしていても、保護者対応をしていてもなかなか思うように生徒が集まらないという悩みは多くの塾が抱えています。

これらに対して、「集まらないなぁ」とだけ言っている塾講師は意外と多いです。

塾は営利団体なので、言葉を選ばなければ生徒を集めてナンボの世界と言えます。

そのため、集まらない理由を明確にし、策を打たなければなりません。

しかし、すぐに効果が表れる画期的な方法がないのも事実です。

生徒を集めるためには、

  • 集まらない理由をはっきりさせる
  • 何をどう改善していくかを決める
  • 集めるために何をいつするかを決める

この3点を徹底的に行いましょう。

それでは1つずつ詳しくご紹介していきます。

塾に生徒が集まらない理由

生徒が集まらない場合の多くは、「講師に力がない」と結論付けされがちです。

もちろん、この理由があてはまる場合が多いですが、個に頼り切っていては企業、教室としての成長も繁栄もありません。

そのため、講師力は理由としてはダメです。

いかに講師力を上げるかが企業の課題。

そのためのシステム作りを考えたほうが効果は高いです。

生徒が集まらない理由は大きく分けて、つぎの3つがあります。

  • 授業内容が評価されていない
  • 悪い口コミが知れ渡っている
  • あまりにも売り込みが強い

短期的に改善できるものから、積み重ねが必要になるものもあるので、1つずつ自塾にあてはまるものがないかチェックしてください。

授業内容が評価されていない

塾は授業が勝負の鍵です。

ここが悪いと、評価のされようがありません。

塾の授業の評価ははっきりしていて、

  • わかりやすい
  • 楽しい、面白い
  • やる気になる

この3つが揃っていれば、必然的に評価を得られます。

つまり、授業内容が評価されていない場合は、この3つのどれか、ないしすべてが欠けた授業内容になっているケースが多いです。

ただ問題の解き方を教えるだけの時代は終わりました。

今の塾の授業には、次のようなさまざまな力が必要です。

  • ほめ方
  • 話し方
  • コミュニケーション能力

評価されない授業は、講義的で一方的な場合が多いです。

学習指導が塾の本分ではありますが、生徒の満足度も塾の評価に繋がる時代。

これらも含めて授業内容とし、サービスの充実を図らなければなりません。

少しの工夫で大きな変化が得られる部分なので、短期的な改善をするのに向いています。

悪い口コミが知れ渡っている

生徒が集まらず、増える兆しが見えない場合はこれを疑うべきです。

いい口コミは広がりにくいですが、悪い口コミは一気に広がります。

特に退塾者は注意です。

時点で、成績が上がっていない、授業に不満があるなどの既存の塾生で塾に対して肯定感を持っていない生徒、保護者には注意しましょう。

生徒が集まらない場合は、まずはこれらの声を消すためにはサービスの充実が必須です。

  • 面談の回数を増やす
  • 生徒とのコミュニケーションを密に取る
  • 職員間の情報共有を強化する

などの対策が必要になります。

また、根も葉もない噂が流れる場合もあるので、地域でどのような声が広がっているかの調査も必要です。

少しでも多くの情報を集め、既存塾生を通じて、その悪評を改善していく対策をとらなければならないので、中・長期的な対応となります。

あまりにも売り込みが強い

営業職が強い塾は、地域で敬遠されてしまいます。

  • 個別指導や映像授業(オンライン講座含む)での通常授業や期別講座
  • 受験生への各種授業

で、1コマでも多く取らせるスタンスはとても危険です。

中にはしっかり把握している方もいらっしゃいますが、本当にその授業が必要なのかがわからない生徒、保護者がほとんど。

そのため、「お任せ」を選択してしまうケースが多く、結果が出ないと「高い」「営業職が強い」と言った感想を抱きます。

もちろん、説明をする職員の力量に左右されやすい部分ではあります。

しかし、ポイントになるのはやはり、子供を第一に考えた提案をしているかです。

日々の授業で子供の心をつかみ、保護者と密なコミュニケーションを取っている場合、営業職は強くなりません。

信頼関係があるため、「先生が言うならそうだ」と感じてくれます。

顧客へのサービスがない中で、相手が知らない部分であれもこれも必要と言われてしまうのは、ユーザーからしてみると不快ですよね。

利益を出すためには、やはり生徒1人1人と向き合わなければなりません。

営業をかけるのは悪ではありませんが、事前準備をしっかり行うようにしましょう。

>>理想の塾の集客方法は?媒体を組み合わせた効果的な生徒の集め方

塾の生徒の集め方・増やし方

塾の生徒を集める方法、増やすための手段はとてもシンプルです。

新しい商品の開発や、斬新なアイデアは必要ありません。

その方法とは、つぎの通りです。

  • 授業の見直し、改善
  • 塾内の環境の整備
  • SNSやブログを使った集客
  • いい口コミを生み出す

それでは、1つずつお伝えしていきます。

まずは授業に問題がないか確認する

塾の生命線はやはり授業です。

ここが悪いと生徒が集まるはずがありません。

現場の講師はアルバイトも含めて、一定以上の学力を持っている方が多いです。

しかし、同じ学力の講師が授業をしても、評価が大きく分かれます。

それは、「わかりやすく教える」は当然で、やはり生徒にやる気を与えられるかがポイントになるからです。

  • きっかけを与える
  • 成功体験を与える
  • 先生と生徒の信頼関係

これらがない授業は、生徒が増える授業ではありません。

講義というスタンスではなく、授業を通じて、いかに子供をやる気にさせていけるか。

これが、現代の塾に求められているのです。

問題の解説は、講師歴3年もあればある程度になります。

どう教えるかではなく、どう生徒の心をつかんでいくかを考えられるかがポイントです。

授業内容の評価=教え方ではありません。

生徒の状態をよく考えて、

  • 躓くポイントでの解説工夫
  • 長い解説は端的に
  • 当ててほめる部分を明確にする
  • 生徒のわからないところを把握する
  • 誤解答から生徒の状況を把握し、適切な解説をする

など、生徒に合わせた授業ができるように、繊細な授業の組立てを行いましょう。

>>塾の指導・授業は変えるべき?スタイルを変更するメリットとデメリット

塾の環境を見直す

見落としがちになるのが、塾内環境の整備です。

特に教室美化は、後回しにされがちなので、社内全体で意識的に行うようにしましょう。

また、掲示物の充実を図るのも好印象を与えられます。

特に、生徒を認知する掲示は生徒自身も、保護者も喜ぶので効果的です。

さらに掲示物は、塾の生徒たちへの姿勢を演出できます。

ですから、体験授業できた親子、掲示物に名前のない生徒の保護者にもいい印象を与えられ、塾の雰囲気をいいものだと印象付けられるのです。

他にも、こんな工夫をしてみてください。

  • 机の感覚を少し開けてみる→生徒がすごくよく見えるようになる
  • クリスマス、ハロウィンなどの飾りつけ→生徒が喜び、家での話題に
  • 送迎の強化→近隣へのアピール、生徒とのコミュニケーション強化

少し工夫をするだけで、大きな効果が得られます。

集客にはSNSやブログなども上手に活用する

サービス業にとって、今やネットを利用した集客は欠かせないコンテンツです。

SNSやブログでの発信は、新規顧客獲得にはとても効果があります。

塾も立派なサービス業なので、ネットを利用しない手はないです。

ただし、教室の写真や授業風景をアップする場合は個人情報に注意しましょう。

生徒の顔や名前をアップすると、保護者からのクレームに繋がる恐れがありますからね。

また、教室内の画像でなくても、講師の思いや日々の出来事も効果的です。

やはり、教育者という側面もあるため、優しい、温かい雰囲気のブログやSNSは非常に印象がよくなります。

地域の行事に参加した画像等を乗せるのも、地域からの認知度アップにも繋がるのでいいですね。

口コミで既存の塾生が広げてくれる場合も、SNSやブログがあれば声をかけやすい利点もあります。

>>低予算で塾の生徒を増やす方法とは?SNSやブログを最大限活用しよう

口コミで生徒が増えていく状態を作ろう

いかに口コミを起こさせるかが、生徒が集まる塾になるかどうかの分かれ目と言えるでしょう。

口コミの発信源は通塾中の生徒と保護者なので、既存の塾生満足度を上げる必要があります。

しかし、口コミは効果が絶大な分、短期的には生まれにくいものです。

日々の活動の先に、ようやく起こるものでもあります。

そのため、継続と忍耐が必要です。

一番の口コミは、やはり成績効果ですが、成績を上げるための活動が、別の口コミを起こす可能性もあります。

  • 自習席を設ける→塾で勉強ができる
  • 質問に答える→塾の先生がよく見てくれる
  • 提出物の管理→先生が言ってくれるから保護者が楽
  • 定期テスト対策→塾に行ってくれるから安心

など、成績を上げるための行動が、保護者視点では「面倒見がいい」となるのです。

他にも、次のようなものがあります。

  • 先生が面白い
  • 相談に乗ってくれる
  • 優しい、楽しい

こうしたことも口コミに繋がりやすい例と言えます。

1人の生徒を大切にし、真正面から向き合う姿勢は、人の心を動かす。

大人と子供との関係が希薄だからこそ、勉強という子供が嫌いなツールを通じて、心を通わせられる塾が、やはり強い塾、すなわち生徒を集められる塾と言えるのです。

>>塾の集客に紹介・口コミは欠かせない!在校生からの紹介が増えない理由とは?

塾を集める最適な時期・シーズン

塾の募集シーズンは非常にわかりやすいです。

特に、期別講習は体験気分で通塾する方も多いので、しっかりと作戦を練るようにしましょう。

他にも、次のような時期も効果的です。

  • 定期テスト直後
  • 入学、進級時

それでは、この2点について、ご紹介します。

穴場の中間・期末テスト後を狙う

中間・期末テスト後はどの塾も生徒対応で必死です。

特に、成績が下がった塾生は退塾の危険度が高いため、面談やテスト後のフォローなどを行う塾も多くあります。

自塾でもそのような対応に追われているということは、他塾も同じなのです。

そのため、「このタイミングで転塾を検討している生徒を狙う」は理に適っています。

成績ダウンだけでなく、数位のアップダウンやキープなども転塾理由になるので、自塾の成績アップはテスト後に速報で出すべきです。

順位が出るのを待っていては、1~2週間のタイムラグが生まれます。

そのため、平均点比較や得点アップなど、目に見える数字でアピールをするのも効果的です。

生徒の得点であれば、テスト後にすぐに知れますしね。

定期テスト後はスピード勝負です。

他塾より1日でも早く、自塾のいい結果を保護者あてのお手紙や教室内の貼り出し、SNS、ブログなどでアピールしていきましょう。

もちろん入学・進級時の集客も忘れずに

塾で最も生徒が集まるシーズンは春です。

特に3月の新学年スタート時は、1年で最大の募集時期になるため、しっかり集客を見込みたいところ。

特に、新中1、新高1は新しい環境になるため、入塾者が多いです。

また、新中3や新高3も受験に備えての入塾が増えます。

私立中学を目指す子が多い地域では新小6も狙い目ですし、国公立を目指す高2生もこのあたりからの入塾が多いです。

大切なのは、自塾でどの層に狙いを定めるかです。

学年はもちろん、学力層もしっかりとターゲットを絞って攻めるようにしましょう。

既存の塾生の質もあるため、口コミやクラス状況、通塾生との関係性などを加味して、昨作戦を練る必要があります。

>>理想の塾の集客方法は?媒体を組み合わせた効果的な生徒の集め方

まとめ

生徒が集まる塾に理由があるように、生徒が集まらないのにも理由があります。

決して講師の怠慢だけで募集が決まるものではありません。

どれだけ頑張っていても、生徒が集まらない時期はあります。

特に悪い口コミが流れているときは我慢が必要です。

長く塾を開いていると、様々なケースが訪れます。

  • 塾生がたくさん集まる→いい口コミが起き、波が起きてる→サービス向上、募集拡大
  • 大量の退塾が出る→悪い口コミが起きている&今後が厳しくなる→塾内整備、内を守る
  • 入りも多いが、出も多い→良悪双方の口コミが混在している→新入塾対応強化、内を守る

このように、ケースによって対応も異なります。

生徒が集まらない理由は、決して1つではありません。

複数の要因が絡み合った結果、生徒が集まらなくなるのです。

それらの原因を探り、適切な対処をすることが、集まらないの改善、すなわち募集獲得ができる教室作りに繋がります。

小さな変化でも大きな結果が生まれるので、ぜひ1つ1つと向き合って、改善し、たくさんの生徒に、自分がいいと信じる教育、指導ができるようにしましょう。

 

>>低予算で塾の生徒を増やす方法とは?SNSやブログを最大限活用しよう

 

 

\ウェビナーを無料で受けてみよう/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
078-341-9880