ビットキャンパス

グローバルナビゲーション

保護者は体験授業でここを見ている!体験を成功させる3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

春は新規入塾のシーズン。体験授業→春の講習→本科入学は定番の流れですね。

去年は新型コロナウイルスの影響で春の新規入塾に苦労した塾が大半ではないでしょうか。

夏から秋にかけて生徒は戻ってきたとはいえ厳しい状況。この春の新規入塾で取り返したいものです。

とはいえ、毎年頑張ってきてこれ以上出来ることがあるのだろうか。悩ましいです。

筆者も小学5年生と3年生の子どもがいます。

『保護者って体験を受けに行ったときにどんなことをチェックしているんだろう』

ヒントが落ちている可能性を感じママ友に調査をしました。

皆さんが同意していたのは以下の3つでした。

受付の挨拶

はじめて学習塾の扉をくぐるとき、生徒と保護者は極度の緊張状態にあります。

特に初めて学習塾に通う生徒にとっては『無理やり勉強させられるんじゃないか』『怖い先生に怒られるんじゃないか』不安でいっぱいです。

学校の一番怖い先生よりも怖い先生を想像しています。そしてその不安を受け、保護者も心配をしています。

そこで受付の先生(スタッフ)が本当に怖い顔で出てきたらどうなるでしょうか。

拒絶メーターは一気に振り切れることでしょう。

『先生が優しそうに挨拶してくれたから良かった』『普通の人が出てきて安心した』と言っていました。

普通で合格点ってよっぽど怖い体験をイメージしていたんですね(笑)

でも私も親としてその気持が凄く分かります。塾を頼りにしているからなおさら、我が子には機嫌よく通って欲しいと願います。

意識して明るい笑顔や元気な挨拶をしていきたいです。

先生の服装

ママ友が全会一致で気にしていたポイントは服装でした。

皆、用務員の先生みたいな服装や体育の先生のようなジャージ姿をイメージしているようです。

『先生がスリーピースのスーツでぴしっとされてて凄くカッコよかった!』

など言っていました。

カッコ良いというのはママ流の表現だと思いますが、想像するにイメージと現実の良い意味でのギャップがあったのだと思います。

どうやらジャージで竹刀を持ってる怖い先生か、白衣で丸メガネ、頭ボサボサみたいな先生を想像しているようです。

スーツを着ているだけで、テレビで見るような敏腕家庭教師のイメージになるのでしょう。

普段はいろいろな服装で授業をされていることと思いますが、ママ友からのヒアリング結果によれば体験の際にはスーツにネクタイです。

ぜひおすすめしたいですね。

清潔度

思っている以上に今のお母さんたちは子どもがいる環境に気を使っているということが分かりました。

掃除がされてなくて埃っぽい。窓ガラスが汚い。古いポスターがそのままにしてある。

勉強以前に気になるのは、我が子をここにいさせて大丈夫かどうかということです。

今はアレルギーのある生徒も多いですし、何より新型ウイルス流行の影響で保護者の意識は環境により向いています。

掃除などは当然されていることと思いますが、窓のポスターが古くなっていないか、玄関マットがよれていないかなど、改めて備品関係のチェックもされてはいかがでしょうか。

授業の品質は気にしないのか

体験授業の品質はもちろん大切だと思います。

しかしそれは実際に授業を受けた生徒しか知るよしはなく、お母さんは子どもに『どうだった?』と聞くしかありません。

そこで『楽しかったよ!』と子どもが言えばそれが全てです。

ただ、どうでしょう。小学生の子どもが先生の授業品質を一回で見抜けるはずがありません。

そこには、先生の考えている良い授業と子どもの考えている良い授業の間に意識ギャップが生まれているはずです。

きっと初めてやってきた子どもの『楽しかった』は、言い換えが必要です。『先生がやさしそうだった』とか『気を使ってくれて孤独じゃなかった』とか。

それは、保護者の大切にしているポイントと実はニアリーイコールではないでしょうか。

その意味では体験における良い授業は、普段の良い授業とは求められている質が違うと考えたほうが良さそうです。

最後に

例えば良い授業がレストランの美味しい料理に該当するのだとしたら、塾を経営している立場の人間は『美味しい料理』にこだわりすぎていたかもしれません。

「良い授業をして成績を上げることが全て」と。

確かに入塾してからはそうでしょう。

しかし初めて訪れる保護者が重視しているのは、実は『お店の雰囲気や内装』『ホールスタッフの身だしなみや態度』『料理の見た目』なのではないでしょうか。

確かにレストランの客の立場になってみれば、仮に本当に美味しくても、不味そうであれば行きませんね。

長くその業界にいると当たり前になりすぎ、気にしなくなることがたくさんあります。

体験授業成功の要因をまとめると【見た目と態度】に集約されていると感じました。

改めて見直し、この春の生徒募集を成功裏に終えたいですね。

>>塾の集客に紹介・口コミは欠かせない!在校生からの紹介が増えない理由とは?

\ウェビナーを無料で受けてみよう/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
078-341-9880